未分類

妊娠中にDHAを摂ることについて

DHAというのは血圧を良くしたり中性脂肪を下げる働きをもつ成分ですが妊娠中の体にもとても効果が期待できる成分です。
妊娠中にDHAを摂るメリットとしては、赤ちゃんの早産予防につながるということです。早産によって体が成熟しないまま生まれてくるお子さんもいらっしゃいます。その中で、DHAは安全な出産を導いてくれるのです。
もうひとつあげられるメリットが胎児の発達への効果です。DHAを摂ると摂らなかった場合と比べ赤ちゃんの運動能力などの発達が早いことが分かっています。

DHAは妊娠中だけでなく授乳中に摂取することでも効果を発揮します。授乳中にDHAを摂ることで赤ちゃんは喘息などのアレルギーの発症を予防します。また喘息だけではなくアトピーも予防することで知られています。
そんな良いことが多いDHAですがどのように摂取するのが良いのでしょうか。この成分は魚に多く含まれており、食品から摂るのであれば魚料理が良いでしょう。中でも煮物にすればその汁にまで成分を含むのでとてもおすすめです。毎日の食事でDHAを気軽に摂ることができればいいですね。

妊婦にも子供にも必須の栄養素DHA魚に含まれるDHAが妊婦や子供に与える影響

DHAはドコサヘキサエン酸と呼ばれる脂肪酸の一種で、自身の体内で生成することができない必須脂肪酸です。
このDHAは脳などの神経系の発達、および働きに作用するといわれています。

妊婦においては、DHAを積極的に摂取することで早産率の低下や、
生まれてきた子供の喘息発祥リスクの低下につながると考えられています。
また神経が発達中の乳幼児においては、DHA摂取を積極的に行うことで
記憶力アップや、視力の向上などにつながるといわれています。
これらの効果が見込まれることからもDHAが体にとって重要な効能を担っていることがわかります。

特に乳幼児が直接DHAを摂取できるようになるまでは、
母親の胎盤、もしくは母乳から摂取するしか方法がありませんので
妊娠中、もしくは授乳中の方は積極的なDHA摂取が望まれます。
その場合サプリメントからの摂取であれば問題ありませんが、
魚の缶詰などで摂取する場合は塩分過多になり過ぎないように注意が必要です。

DHAは乳幼児だけではなく胎児にもよい影響がありますので、
妊娠中の方、子育て中の方は積極的に摂取してみてはいかがでしょうか。